サステナビリティ推進体制

サステナビリティ推進体制

地球環境の保護、人権の尊重や多様性への対応など、サステナビリティへの取り組みは企業が担うべき重要な社会的責任となっています。今後、企業が存続していくためには、環境・社会・経済の視点で、課題解決に向けた事業活動に取り組み、ステークホルダーからの信頼を獲得しつつ、長期的な成長をめざすことが必要となります。
こうした基本認識のもと、当社では、持続可能で豊かな未来社会の実現に貢献する存在となるべく、2021年4月、サステナビリティに配慮した経営の主導、推進を目的に、経営会議の諮問委員会の一つとして、「サステナビリティ委員会」を設置しました。

サステナビリティ推進体制図

サステナビリティ委員会の構成と活動状況

サステナビリティ委員会は、エンゲージメント本部長を委員長とし、原則として半期に1回開催されます。委員は、社長執行役員を含む、事業部門およびコーポレートセンターを担当する執行役員で構成されます。
委員会では、非財務分野の活動進捗や目標達成状況の確認、新規活動の審議、非財務指標の討議などを幅広く行い、その結果は経営会議ならびに取締役会にて報告されます。

ページトップへ